未来医療開部未来医療センターの研究にご協力頂いた患者の皆様へ

患者様の生体試料を研究、医学教育目的に使用させていただくことについてのお願い

私たち大阪大学医学部附属病院のスタッフは日々の診療に最善を尽くしつつ、医学の発展へとつながることを切に望み診療及び研究に携わっております。生体試料は医学を志す学生や医師の教育、研究に貴重な材料となります。このため、未来医療センターでは、倫理委員会の承認(倫理委員会で承認された研究リスト)を得て、患者様から頂いた組織より分離したヒト組織由来間葉系幹細胞を凍結保存(バンク化)させて頂き、研究目的で使用させて頂いております。患者の皆様には、下記の点についてご理解頂き、是非ご協力頂きますようお願い申し上げます。

  1. 研究に用いる生体試料は、あくまで患者様の治療のための手術において不要になった組織や血液検査に使用した残りのものを使わせて頂くもので、決して余計に取り出したりするものではありません。
  2. 研究にご協力頂くかどうかは自由であり、ご協力頂けなくても今後の診療に不利益になることはありません。生体試料を使用する全ての研究は、その都度研究計画書を作成し、各種倫理委員会による審査を経て承認されたのちに実施されます。研究の目的を含む研究の実施についての情報は研究開始前に当施設ホームページ上で公開します(包括同意を利用した研究リスト) 。
    一度御同意頂いた場合でも後になってその研究内容をご確認いただいた上で生体試料の使用の同意を撤回(書面にて受け付けます)することもできます。尚、撤回された場合、保存している生体試料は大阪大学医学部附属病院の規定に従って適切に廃棄処理致しますが、既に得ている研究データーは使用させて頂きます。
  3. ご提供頂いた生体試料は当施設において厳重に保存されます。試料は記号で管理し、お名前は記載されないため、患者様の情報が漏れることはありません。
  4. 研究の結果を学会や論文などで発表する場合は、患者様の個人情報、プライバシーは一切公開されることはありません。
↑